親知らず治療-患者様の目線に立った歯科医院|やまもと歯科|地下鉄七隈線「渡辺通駅」下車徒歩5分

092-522-0853
診療時間
8:00-14:00 / 15:00-19:00
休診日
木・日
092-522-0853
診療時間
8:00-14:00 / 15:00-19:00
休診日
木・日

親知らず治療

できるだけ痛みや腫れを軽減した治療を心掛けています(保険診療)

親知らずとは第三大臼歯、智歯ともいわれ、最後に生えてくる1番奥の永久歯で、多くの場合10代後半から20代で生え始めます。

しかし近年は 顎が細く親知らずが生えるスペースが不足している人が増える傾向にあり、生えても一部だけが出ている、横に傾いている、完全に埋まったままなど、大きさや形状も個人差が大きいのが特徴です。

生え方次第で充分な歯磨きができず、虫歯になりやすく、また周りの歯や歯ぐきに悪影響を与えて炎症を起こしやすくなります。

腫れない、痛くない治療を実践

当院では、患者様の負担を軽減できる治療を行っています。

放置するとどうなる?【親知らずが引き起こすトラブル】

親知らずと隣の歯が虫歯になりやすい

正常に生えていないと歯磨きが充分できないため汚れが溜まりやすくなり、虫歯や炎症を起こしやすく、その手前の歯にも影響が及びがちです。

歯並びが悪くなる

横向きに生えた場合は手前の歯を押す力が強いため、一番細い前歯の並びが悪くなることがあります。

顎関節症など顎に影響が出る

上下の噛み合わせが悪くなると、顎の筋肉に負担がかかったり、顎関節症を起こすことがあります。

抜いた方がいい?【親知らずの抜歯】

抜くか抜かないかは、親知らずが歯として機能しているかで判断します。気になったら早めに歯科医師に相談されることをお勧めします。
※特殊なケースや、全身麻酔を希望する方によっては、責任をもって信頼できる大学病院の口腔外科をご紹介いたします。

親知らずを抜いた方がよい場合

  • 虫歯がある
  • 炎症を繰り返している
  • 痛みがひどい
  • 頬を噛んでしまう
  • 矯正治療を検討している

親知らずを残した方がよい場合

  • 正常に生えている
  • 完全に埋まっていて問題がない
  • 手前の歯を失った場合に親知らずを利用してブリッジにできる
  • 親知らずを歯の移植に利用できる
  • お問い合わせ
    092-522-0853
  • アクセス・診療時間
    アクセス・診療時間

    住所
    〒810-0011
    福岡県福岡市中央区高砂1丁目3-13

    アクセス
    近隣のコインパーキングをご利用ください

    電車
    地下鉄七隈線 渡辺通駅下車徒歩5分
    西鉄天神大牟田線 薬院駅下車徒歩10分

    午前 10:00~14:00 8:00~14:00 8:00~14:00 10:00~14:00 8:00~14:00
    午後 15:00~19:00 15:00~17:00 15:00~17:00 15:00~19:00

    ※休診日:木・日曜
    祝日のある週の木曜日は診療